【今から始める人向け】ゆるげげを10ヶ月プレイしてみた感想【進化システムが魅力】

役に立ったらシェアしてね!

今日はスマホアプリの「ゆるげげ」を10ヶ月ほど
プレイした感想を書いていこうと思います。

正式名称は「ゆる~いゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドタバタ大戦争」です。

これからはじめる初心者の人は参考になると思います。

本記事の内容

  • きっかけはゲゲゲ鬼太郎の作者「水木しげる」さんから
  • 強キャラを進化させると楽しい

きっかけは作者の水木しげるさんからでした。

水木さんを調べているうちにスマホでゲゲゲの鬼太郎のゲームしたいなと
思ったところでこのゲームに出会いました。

このゲームの楽しいところは強キャラを進化させるところです。
一気に攻略が楽になるのでガチャを当てた時は嬉しいです。

ゆるげげを知ったきっかけ

ゆるげげを知ったきっかけは「ゲゲゲの鬼太郎」が好きで
スマホアプリできるゲームを探していたからです。

「ゲゲゲの鬼太郎」が好きと言うより水木しげるさんに興味あったからかもしれません。
水木さんの経歴がかなり異色なんです。

水木さんの経歴はかなり異色

自分の職業がデザイナーなのでクリエーターの経歴は気になるところがあり、
いろんな方を調べるのが癖になっています。
その中で子供の頃からゲゲゲの鬼太郎は知っていて水木しげるさんを
改めて調べると面白いことがたくさんありました。

少年雑誌に40歳を超えてからデビュー

今の時代からすると若い頃のデビューがもてはやされますよね。
「若干16歳でデビュー」とか、水木さんの少年誌デビューは43歳の時なんですね。

マイペースで競争が嫌い、仕事より睡眠で93歳の長寿

競争が嫌いで仕事より睡眠を大事にされてて93歳まで生きられました。
他の漫画家が競争して睡眠を削っていいものを作ってた時代で、他の漫画家より長生きできたのは睡眠を大事にしたからだそうです。

かなりマイペースな生き方の人です。

競争に疲れた人、人生が決められたレールに乗ってると感じている人には刺さるのではないかなと思います。

詳しい生い立ちを知りたい方はwikiを見てください。

→wiki

水木さんの名言がとても深い

わが道を熱心に進めばいつかは、神様が花を持たせてくれる。
神様が花を持たせてくれなくても、それはそれなり、また救いがあるものだ。人がどうこうしたからとか、
スタートに遅れたからといって、クヨクヨする必要はない。虫の中にも色々な種類があるように、われわれ人間にも、
いろいろな種類があるのだ。(講談社文庫、ほんまにオレはアホやろか)
子供の頃から、一律に学校という、奇妙なものに入れられて、成績がどうのこうの、
点数がどうのこうのといわれ、そんな、しょうもないことに、胸をドキドキさせられるんではたまったものではない。(講談社文庫、ほんまにオレはアホやろか)

変わった生き方をする人を応援する文章が多いです。
自分が人と違うと悩んでる人にはおすすめできる漫画家さんだと思います。

ゆるげげはこんなゲームだと思った個人的感想

ということでこんな作者水木さんの考えに共感しながら、スマホのゲームを探してみつけたのが「ゆるげげ」です。
プレイして10ヶ月たったのでこんなゲームと紹介しながら感想を書いていきます。

ゆるげげ①にゃんこ大戦争を元にして作られている

ゆるげげは「ポノス」というゲーム会社が開発しています。そして「ポノス」はにゃんこ大戦争を作った会社です。

にゃんこ大戦争とシステムはかなり似ててお互いキャラクターを出し合って拠点を攻める「タワーディフェンス」のゲームです。
敵の拠点のHPが無くなったら勝ち、こちらの拠点のHPが無くなったら負けです。
(ちなみに1人用です。マルチは今のところ対応してないです。)

ゆるげげ②ステージクリアで次のステージに進める

ステージは全部で4種類

「物語ステージ」
「外伝ステージ」
「イベントステージ」
「月の石ステージ」

メインは「物語ステージ」で日本編から世界編があり平均50ステージをクリアすると次の章が出てきます。

ゆるげげ③ガチャ依存度が高い

ゆるげげの気になるところでガチャでほぼ決まるかなというところです。
細かいテクニックも場合によっては必要かもしれませんがあまり必要なく、いいキャラクターが揃っていればサクサククリアできます。

課金すれば早く攻略できます。

キャラクターの絵がかわいいので暇つぶしとしては間違いなくおすすめできます。

逆に、

プレイヤースキルを高めてすごいプレーをしたい。それを動画にしてSNSでのしあがりたい。大会に出たい。

という方はスキルで差がつくストリートファイターやフォトナなどの方がいいかもしれません。

一時期やることがなくてやめてた時期も正直あります笑

ゆるく誰でもプレイできる暇つぶしにというゲーム設計だと思いました。

ゆるげげ④ステージの更新頻度は遅め

ステージの更新は次から次にと速い回転でというような感じではないです。

月に決まったペースで更新されている印象です。

もう少し突発的なサプライズがあると面白いと感じました。

ゆるげげ⑤曜日時間限定でしか手に入らないキャラクターは取れた時嬉しかった

ゲゲゲの鬼太郎に「ベトベトさん」というキャラクターがいるんですが、

ある条件をクリアすると決まった時間に特別なステージが出ます。
これを3回くらいクリアすると手に入ります。

こういう特殊条件でしか手に入らないキャラクターが何体かいます。

これはかなり嬉しかったです。

ゆるげげ⑥進化素材はお札を集める

進化システムもありますね。多いキャラクターだと現段階で2回進化が可能になってます。

進化にはお札が必要です。全部で5種類あります「火」「水」「木」「土」「闇」です。

ゆるげげ⑦強キャラをさらに進化で強化

ゆるげげにはモンスターのランクがあって「ノーマル」「レア」「激レア」「超激レア」「スペシャル(sp)」があります。
その中でも「超激レア」はかなり有用でガチャで当てたいキャラです。

この中でも2段目の進化が実装されはじめています。これを進化させたくて素材集めを頑張っています。

ゆるげげ⑧おすすめキャラ「鳥」「石動零」「ねこバスタブバス」

ここで自分が使っているキャラクターの中で最近のおすすめのものを紹介します。

「鳥」
「石動零」
「ねこバスタブバス」

まず「千年に1歩歩く鳥」通称「鳥」です。こいつは拠点を守ってくれるし攻撃力もキャラクタ最強なんじゃないかな。という感じです。
地味に相手の攻撃力を下げてくれます。対象敵範囲も多いので嬉しいんですよね。

次に「石動零」攻撃力高くてとにかく射程が長いです。またHPが下がると攻撃力がアップします。このキャラクターはどこにでも連れていきますね!

最後に「ねこバスタブバス」とにかく硬い。HPが多いのでかなり味方を守ってくれます。シリアス属性に強いのがありがたいです。

この3体は持ってて損はないんじゃないかなと思います。また環境が変わってもしばらく通用するんじゃないかなと思っています。

ゆるげげ⑨おすすめガチャ「超ゲゲゲ祭」

これらの「鳥」「石動零」「ねこバスタブバス」キャラクターはガチャでしか手に入りません。

ガチャで効率的に激レアキャラクターをとるには「超ゲゲゲ祭」がおすすめです。「超ゲゲゲ祭」は体感で月1開催される印象です。

「超ゲゲゲ祭」は超激レアが当たりやすいです。魔法石1500個で1体激レア確定します。単発のレアチケでも10回に1回は激レアが当たる印象です。
激レアを大量に得たいなら「超ゲゲゲ祭」まで我慢してからの一極集中で回すといいんじゃないかなーとオススメします。

ゆるげげ⑩初期の攻略法おすすめ「日曜日アイテム超ラッシュ」

初期の頃スタミナがすぐ切れてしまうということがありました。

これを解決したいときにいろいろ調べた結果「日曜日」に開催される「アイテム超ラッシュ」がいいことがわかりました。
「日曜日アイテム超ラッシュ」では妖丹(大)というスタミナ回復アイテムがたまにドロップします。

これを狙って日曜日の始まりから終わりまで回す作戦です。

途中スタミナが切れたら妖丹(大)を使って回復→妖丹(大)ドロップを狙って回す、を繰り返します。

今はそれなりのランクになったし体力的にしんどいので、もうしてません笑

ゆるげげ/期間限定ランキングダンジョンが実装された

最近ランキングダンジョンが実装されました。しかし報酬が微妙だと感じてしまいます。

ゆるげげ/グッズ販売もしてた

調べるとグッズも販売しているようです。

こちらで買えます。

ぬりかべがゆるくてかわいいですね。
普通に欲しいです笑

ゆるげげ/歴代の鬼太郎のゲーム

鬼太郎のゲームって結構あるんですよね〜。
いずれプレイしてみたいです。

【ファミコン】ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境(1986年、バンダイ)
【ファミコン】ゲゲゲの鬼太郎2 妖怪軍団の挑戦(1987年、バンダイ)
【スーファミ】ゲゲゲの鬼太郎 復活! 天魔大王(1993年、バンダイ)
【GB】ゲゲゲの鬼太郎 妖怪創造主現る!(1996年、バンダイ)
【セガサターン】ゲゲゲの鬼太郎 幻冬怪奇譚(1996年、セガ)
【スーファミ】ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドンジャラ(1996年、バンダイ)
【PS1】ゲゲゲの鬼太郎(1997年、バンダイ)
【PS2】ゲゲゲの鬼太郎 異聞妖怪奇譚(2003年、コナミ)
【GBA】ゲゲゲの鬼太郎 危機一髪!妖怪列島(2003年、コナミ)
【PS1】ゲゲゲの鬼太郎 逆襲!妖魔大血戦(2003年、コナミ)
【Wii】ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大運動会(2007年11月22日、バンダイナムコゲームス、開発:ベック〈チームアカネコ〉)
【DS】ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦(2008年、バンダイナムコゲームス)

詳しくはwikiで
→wiki

購入したい方はこちら。

ゆるげげ/小技「すねこすり」

実はきたろうの部屋の部屋は電気を消すことができます。

きたろうの部屋で電気をつけたり消したりしてみてください。何回もつけたり消したりすると部屋の中に変化が現れます。

暗闇の中で鬼太郎と目玉おやじの間に目がついた瞬間にタップしてください。

「すねこすり」がゲットできます。

ゆるげげ/全体的におしいゲーム

難易度はかなり抑えられていて誰でも遊びやすいところがポイントなゲームです。
放置しておけるほど楽なので頭使わなくて済むのが良いところでもあり悪いところです。

高難易度であれば腕に自信のある凄腕のゲームプレーヤーが参戦してくる可能性があるかもしれませんがその可能性がないです。
youtubeとかで凄腕のゲームプレーヤーが動画アップしてくれる要素があればユーザー数伸びるかもなあ〜とか思ったりしています。

尖ってて話題性があるゲームに比べると認知度が低いのが残念です。
静かにサービス終了しないでね笑

【まとめ】鬼太郎が好きな人向けかな?

このゲームが今後爆発的にプレーヤーが増える印象はありません笑
ひっそりとサービス終了にならないように….祈ってます!

キャラクターのデザインがとてもかわいいです。

鬼太郎が好きな人は間違いなく楽しめます。

【お知らせ】このサイトでは、ゲームフレンドを探すことができます。
こちらからフレンドを探せますので良かったら遊びに来てください。

ゲームリンプラについて

役に立ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top